everything sucks

NCISから学ぶ英語(S3E6)-on your six-

      2015/04/16

アメリカで視聴率No.1を獲得したドラマ・NCISの中で、私が好きなシーンやセリフを英語と日本語で勝手に紹介しています。

Season3 Episode6 殺人ビデオ
殺人現場に到着したギブスたち。ジヴァとくだらない話をしているトニーを、ギブスが呼びます。

Gibbs:Her name is Jamie Carr. Police got a call from the neighbour. No one’s seen her in two weeks.(名前はジェイミー・カー。隣人が2週間姿を見てないと通報。)
Ziva:Why are they assuming abduction?(なぜ誘拐だと?)
G:Back door’s kicked in. McGee, you take the perimeter.(裏口に侵入の跡があった。マクギー、外周を調べろ。)
McGee:On it.(わかりました。)
G:Ziva, check with the neighbour who called it in. Tony, you’re with me.(ジヴァは通報者に話を聞け。トニーはついて来い。)
Z:Is there a reason I’m always the one taking statements?(私がいつも供述係なのはなぜ?)
Tony:Obviously you’re good at getting people to talk.(誘導が得意だからだろ。)
Z:Don’t blame McGee. I was merely being curious.(マクギーを責めないで。ただ興味があっただけよ。)
T:About my sex life?(俺の性生活に?)
Z:About American customs. Some of the men I’ve been meeting seem to be a little, how you say, uptight?(アメリカの習慣によ。最近出会った男性が、少し、保守的で。)
T:Define uptight.(保守的とは?)
G:Today, DiNozzo.(急げ、ディノッゾ。)
T:On your six, boss.(すぐ行きます。)

back door:裏口
kick in:蹴って壊す
※forced entry:不法侵入
perimeter:外周
statement:供述
uptight:ピリピリした、保守的な
on your six:=directly behind you. すぐ行きます(あなたの6時の方向にいます、という意味から)

 

この、時計の数字を使って方向を表す表現、いろんなエピソードに出てきます。主に軍の人が使うもので、12時なら正面、3時なら右、9時なら左といったように使います。こういうの、業界人ぽくて好きです。


 - 英語 ,