everything sucks

airbnbホスト体験談ーNiki from Austria

      2015/08/24

airbnb経由で金曜日まで我が家に5泊していたカップルがいろいろとおもしろかったので、紹介します。

Niki & Jennifer from Austria
とりあえず、2人ともめちゃ美形です。
特に彼氏のほうは、モデルできるんじゃないかってくらい。
guest
↑airbnbのプロフィール写真がこちら。はい、美形。

■マグロの競り見学
うちに到着するなり、いきなり「築地に行きたいけど最終電車は何時?」と質問するNiki。
「え、最終???たぶん12時くらいかな」と、とりあえず答える私。
よくよく話をきいてみると、1日120名限定のマグロの競り見学に行きたいらしく、早朝5時から受付だが、人気のため5時に到着したのでは間に合わない。だから、私たちは3時には到着したい、という。

え、3時???

ちょっと早すぎじゃないかと止めようとしたけど、そこは絶対にゆずらない彼ら。
そんな深夜に電車はないので、行くとしたら、終電であちらに行って時間を潰すか、タクシーで行くかの二択。
タクシー会社に確認したところ、うちから築地までおよそ5、6000円かかるそう。
結局彼らはマグロの競り見学のため、うちを深夜2時に出発し、タクシーで向かった。

見学時間25分のために約3時間待ったそうだが、それだけの価値があったと言ってました。

築地が外人に人気なのは知ってたけど、マグロの競りにそこまで価値があるなんて思いもしなかったよ。
この世の中、いろいろと狂ってる。

■出会いはTinder
21歳大学生の彼女と23歳大学院生の彼氏。
出会いについて質問すると、Tinderというデートアプリで出会ったという。
Tinderとは、近隣にいる登録者を探せるアプリで、登録者の写真があらわれ、いいと思ったら右に、パスだと思ったら左にスワイプしていき、マッチした人たちだけがコンタクトをとれるというもの。
彼女は最初は出会いを求めてというより、どんなアプリなのか興味があってやっていくうちに知り合ったという。

そんなので出会うなんて、めちゃ現代的!

世の中の進歩というか、変化はすさまじい勢いであることを悟った瞬間でした。

■渋谷のキャッチのお兄さん
Jenniferからの質問「渋谷で若い男性がひたすら女性に声をかけてて、無視されてるけど、あれは何?」

私もあーいうの無視してるから実態は知らないけど「たぶん①美容師のモデル探し②夜の仕事のリクルートのどちらかだと思う」と答えたら、「夜の仕事って売春?」とさらにつっこまれる。

んー、どうなんだろう。私はキャバクラとかの意味で夜の仕事と言ったんだけど、売春もあるのかな。
渋谷のキャッチ事情に詳しい方、情報をお待ちしております。

■不自由を楽しむのが旅
私の家で使っているポケットwifiは、ゲストが持ち出ししていいことにしています。
異国の地で外で迷ったりしたとき、ネット接続できるのは大きいからね。
でも、彼らはポケットwifiを持っていきませんでした。
最初はwifiを持ち出ししていいことを知らなかったのかと思ったのですが、あえてそうしているとのこと。
どこでもネット接続できてしまうと、ずーっとfacebookやったりしてしまうから。
ポケットwifiがなくても、まわりの人に聞けばいろいろ教えてくれたし、無料のwifiも各所で使えたので問題はなかったようでした。
旅って日常から離れることであって、ネットをあえて遮断することも旅にどっぷり浸かる技なのかも。
彼らなら、どんな不便や不自由も楽しめるんだろうなぁ。
若いのに、ちゃんと自分の考えを持っている、素敵なゲストだった。

そんな感じで、毎日発見があっておもしろい日々です。
次はどんなゲストが来るかしら。


 - airbnb