everything sucks

いろんなチャイニーズを見て、「環境が人を育てる」ということを実感した

   

イメージ画像

airbnbでホストを始める前まで、私はChineseはすべて中国大陸にいるような人だと思っていた。
でも、実際にいろんなChineseをゲストとして迎えると、その認識が大きく違っていたことを思い知る。
今回は、これまで受け入れたChineseゲストを地域別に紹介します。

・台湾のChinese
めちゃ安心感あります。
何も言わなくても、わかってくれる感。
いつでもウェルカムです。

・香港のChinese
香港はかなり特殊で、ノリが欧米。
オープンでおしゃべりな人が多い。
日本に何度も来てる人が多く、多少の日本語を話せる人も多い。
香港ゲストは私が心配になるくらい警戒心ゼロで、そんな彼らが安心して旅行できるのはきっと日本くらいでしょう。

・シンガポールのChinese
最近うちに泊まった男性ゲストはめちゃ紳士でした。(シンガポール男子がハンパなく紳士で驚いた件)
居酒屋で慣れた手つきで食べ物をとりわけてくれたのですが、日本でこんなことする人私のまわりにいないから感動した。
イタリア人並みの紳士っぷりです。
シンガポール女性もふつーに物事をわきまえてるし、何の問題もない。

・マレーシアのChinese
常夏の気候のせいか、とても穏やかな性格でした。
話すスピードもなんとなくゆっくりな感じで。
めちゃいい人!

・ドイツのChinese
中国で生まれてドイツで育った女性ゲストが先日泊まりにきたのですが、ものすごくエコ。
居酒屋に入っても(ゴミを出したくないから)おしぼり要らないって言うし。
乾燥機は電力使うから使いたくないと言って、乾燥機なしで洗濯物を乾かそうとするし。
シャンプーがオーガニックかどうかを気にするし。
彼女は完全にドイツ人。

・中国大陸のChinese
まず声が大きい。(台湾やシンガポールのゲストも「大陸の人は声が大きい」と言ってた)
人の言うことを聞かない。(イライラします)
私が中国語わからないのに、平気で中国語で質問してくる。(もはや謎)

…こんな感じで、中国大陸のゲストでいい感じのゲストにはまだ出会えていません。
というか、実際は予約までの過程で「この人とはうまくやっていけない」とお断りすることが多く、mainland chinaのゲストはほとんど泊まった実績がないです。
人種差別のようですが、あくまでこれは結果論。

 

結局、人間はDNAではなく、環境によって育ち人格形成されるんだということを、この数週間でものすごく実感した。
同じChineseという人種だろうと、育った場所によって全然性格が変わる。

この数ヶ月のホスト体験を通して、Chineseに対する理解が少し深まったような気がする。

大陸の人でナイスな人に出会いたいなぁー。

 

【募集】
東京都葛飾区の立石・青砥駅周辺で外国人の旅行者に短期貸出OKの賃貸物件を探しています。
空室でお困りのオーナー様がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください。
ゲストには事前に日本の事情(してはいけないこと)を伝えているので、近隣トラブルは今のところありません。
ご連絡はeri.ishida0426@gmail.comまで。


 - airbnb