everything sucks

栃木県の廃墟系温泉・老松温泉に行ってみた!

      2015/04/11

「マツコ&有吉の怒り新党」で去年放送された、”新三大・本当に泊まれるかドキドキする宿”。

そこで紹介されていた栃木県の老松温泉・喜楽旅館に日帰り入浴してきた。
映画『テルマエ・ロマエ』のロケ地、北温泉に宿泊した翌日、「近くの温泉をはしごしよう!」ということで立ち寄り。

喜楽旅館
↑駐車場の脇には”那須の珍湯”。笑った。

駐車場から100mほど歩くと、建物が見えてきた。

喜楽旅館
↑廃墟系という名にふさわしく、建物は半壊。

喜楽旅館
↑日帰り入浴は、大人1人500円。「受付は後ろです」と書いてあったので、背後の建物の扉をあけたら、こたつに入っていたおじさんがいた。どうやらこの人が主らしく、500円払って日帰り入浴へ。

喜楽旅館
↑”名湯”ということで、一体どんなお湯なのか楽しみです。

喜楽旅館
↑半壊の建物の中に入ると、すぐに階段が…。

喜楽旅館
↑階段をおりると、自動販売機。

喜楽旅館
↑温泉発見!館内が暗いせいで、ピントがボケボケ。

老松温泉・喜楽旅館
↑温泉の中。片方にしかお湯が入ってないのは、節約ならぬ節水でしょうか。

老松温泉・喜楽旅館
↑白濁の湯でした。温度はヌルめなので、いくらでも入ってられる。

 

外側だけでなく、中も廃墟系の名に負けないひっそり感でしたが、入浴は問題なくできた。

風呂からあがり、主と思われるおじさんに挨拶をしてその場を立ち去ろうとしたら「写真とってるけど、ブログにでものせるの?」って聞かれた。だから、のせたよ!

栃木の那須方面に行かれる際は、ぜひ寄ってみてください。

m4s0n501

 - 温泉 ,