everything sucks

東京の東側でairbnbホストやってます。

全国的に有名な温泉地、熊本県の黒川温泉で湯めぐり

   

先月の話ですが、熊本県の黒川温泉に行ってきました。
ずーっと行きたかった温泉地だったので、念願!やったネ!

今回の旅ルート:
1日目:熊本空港→高千穂→ふもと旅館(黒川温泉)
2日目:御客屋、新明館、黒川荘(黒川温泉湯めぐり)→満願寺温泉→ラムネ温泉館→阿蘇山・大観峰→しらはなシンフォニー(わいた温泉郷)
3日目:豊礼の湯→ランチバイキング→熊本空港

3日間で訪れた温泉は以下の8ヶ所(うち1ヶ所は見学のみ)。

■ふもと旅館
お風呂が15個もある温泉宿。
ふもと旅館 たち湯
↑立ち湯。深いところは1.5mあり、立って入る温泉。宿泊者のみ利用可。これが貸切できるって豪華!

ふもと旅館 野天風呂
↑野天風呂。ここは貸切じゃないけど、宿泊者のみ利用できる場所だったので私たちが入ったときは貸切状態でした。竹林に囲まれてて、めっちゃ落ち着くわー。

ふもと旅館 うえんの湯
↑女性専用露天風呂・うえんの湯。10人が一斉に入っても余裕ありそうなくらい大きい。早朝だったので真っ暗ですが、こちらも竹林に囲まれてるので日中入っても気持ちよさそうです。

ふもと旅館 内湯
↑女性用内湯。洗い場しっかりあるのでシャンプーとかはここでどうぞ。写真ブレブレだけど、5人くらいは入れそう。朝だったので誰もいなかった。

個人的には野天風呂が適度に広くて開放感もあり、良かった!

 

ここからは入湯手形を使って3つの旅館のお風呂へ。

■御客屋
江戸末期から営業しており300年の歴史をもつ、黒川温泉で一番古い旅館。
御客屋 代官の湯
↑代官の湯。風呂はそんなに大きくはないけど、鉄分が多く日によってお湯の色が変わるらしい。

■新明館
黒川温泉でここだけ!洞窟風呂があります。手形で入れるのは洞窟風呂のみです。
珍しいせいか、外国人客が数組入ってました。
中は、湯気のおかげでほとんど見えません。

■黒川荘
黒川温泉の中でも端っこにある温泉宿。高級感あふれる内装。内風呂がとりあえずめちゃ広いです。

 

黒川温泉の湯めぐりを終え、気になる次の温泉へ車で移動。

■満願寺温泉
こちらは川の隣にある温泉(川湯)で、温泉の水面が川と同じ。
満願寺温泉 日本一恥ずかしい露天風呂
↑近くの駐車場の看板に「日本一恥ずかしい露天風呂」の文字。気になる!

満願寺温泉
↑これが「日本一恥ずかしい露天風呂」。確かに、道から丸見えだ。

満願寺温泉
↑風呂側からの眺め。やっぱり丸見えなので私たちは見学のみ。でも、週末の昼間なのに人全然歩いてなかったから、隙をみて勇気を出せば入れたかもしれない。

 

ラムネ温泉館(大分県)
ラムネ温泉
↑ラムネ温泉館の外観。珍しい炭酸泉で、入ると肌に泡がまとわりついてきます。外の露天は32度で冬は寒すぎましたが、一見の価値あり。
この温泉館のかわいいロゴは、ゲーム『Mother』のキャラクターデザイナーが手がけたそうです。

 

■しらはなシンフォニー
しらはなシンフォニー
↑露天風呂は扉がついてるので、貸切できます。風呂の中で白っぽく下に沈殿してるのは湯の花。

 

■豊礼の湯
豊礼の湯
↑1人500円で入れる露天風呂。白濁としたお湯、眺め最高。

 

3日間で7ヶ所も風呂入って、風呂欲が存分に満たされた旅だった。


 - , 温泉 , ,